読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休み明けの10ハロン

競走馬、競馬界、日常、休み明けの様に気ままに書いていきます♫

2016/富士ステークス&第77回菊花賞

10/22は街でイベントがあり、みんなで参加して来たためにロクに予想もできず、当て付けの「買い」で見事見当外れでしたw

 

富士ステークス

ガリバルディ

ヤングマンパワー

フルーキー

イスラボニータ

 

ガリバルディが着外だったので撃沈でした。

 

 

さて第77回菊花賞

サイン的には

7レッドエルディスト

17ジュンヴァルカン

「ななじゅうなな」

とか

レインボーライン「七色」

とか

「今回7戦目」の

サトノダイヤモンド、レッドエルディスト、プロディガルサン。

 

先日の鳥取地震から「地殻変動」ウムブルフ、

など。

 

二強と言われてる菊花賞

予想はですね

 

ミライヘノツバサ、アグネスフォルテ、サトノエトワールあたりが引っ張っていくのでしょう。

 

中団形成は

ジョルジュサンク、エアスピネル、プロディガルサン、ジュンヴァルカン、コスモジャーベ

 

ウムブルフ、サトノダイヤモンド、カフジプリンス、シュペルミエール、ディーマジェスティイモータルマウントロブソン

後方にかけて

レッドエルディスト、レインボーライン、ミッキーロケット

 

菊花賞は万葉ステークスに比べてペースが速い。

にも関わらず、先行馬が有利な傾向。

逃げ馬は厳しい。追込みも厳し目。

 

ここらの傾向などは騎手も知っての上でのレースだと思うので、3角あたりから動ける馬。と先行馬。

で。

坂も後半は無く、折り合い重視。

 

ルメール騎手の直前インタビューで気になった一言。「神戸新聞杯、4角過ぎたあたりから馬が自分から行きたがった」

んーちょっとひっかかりました。

 

ディーマジェスティはどんな買える成績でも関東馬。3角あたりから動けるから悩みどころ。差し届くのか、関東馬の呪縛が勝るのか。

 

◎はエアスピネル

前走のパドックから落ち着きありの気性良化、レースは溜めて脚が使えるかのテストラン。末脚は冴えなかったものの掲示板は地力の高さから。

キンカメ産駒不発説も超えてほしい。

 

◯レッドエルディスト

四位騎手の好騎乗に期待。神戸新聞杯の3着馬の後押し。

 

△ウムブルフ

距離延長ごとに好成績。

社台&堀厩舎。気性も良さそうで3角前から進出開始、キレる末脚のディープ産駒とは異なるタイプ。

 

△ミッキーロケット

サトノダイヤモンド

レインボーライン

 

この6頭で。

 

あとはサイン馬で。